2016年3月6日 LUCAS CUP GPK 第1戦






レースレポート




2016年3月6日、広島県世羅町にあるグリーンパーク弘楽園にてモトクロススプリントレースLUCAS CUP GPK が開催されました。
事前の天気予報が雨だったこともあり、参加者は少なめでしたが、午前中は雨は降らず、コースはベストコンディション。
参加された選手の皆様は各クラス楽しんでレースをしておりました。
このレースはチャイルド50cc、ジュニア65cc、ジュニア85cc、そして大人も参加できるオープンクラスの4クラスでスプリントレースが行われます。
第1戦はエンデューロレースと併催している為、午前中に2ヒート行い、その総合ポイントで順位を決定するものです。
(※第2戦、第4戦は3ヒート制で行われます。)



レースリザルトはコチラ







小学4年生以下が参加できる50ccクラスには7名、小学生以下が参加できる65ccクラスには3名が参加しました。
このレースでは50cc、65cc両クラスで小学4年生の高橋生真選手がスタートから飛び出し独走で優勝。ダブルウィンを飾りました。
50ccのレースが終わってすぐにマシンを乗り換えても、コースを間違えることなく(50ccはショートカットコースを使っていたので、
65ccクラスとコースと異なっていたのです)元気にレースを引っ張っていました。このまま走りも身長もグングン成長していってほしいですね。(笑)







今回は参加台数の都合でオープンクラスと混走となった85ccクラスのレース。
レースは#68橋本俊平選手と#35山本司選手とのマッチレースとなった。ヒート1はスタートから飛び出した橋本選手が
オープンクラスの土岐選手にしっかり付いていく走りを魅せてクラストップをキープしたままチェッカー。山本選手は2位。
続くヒート2、1周目で山本選手がクラストップに立つが、橋本選手が猛追。6周目にはすぐ後ろまで迫ったが、
橋本選手がミスを喫し万事休す。山本選手がトップでチェッカーを受け、橋本選手が2位。結果山本選手が総合優勝を飾りました。







オープンクラスは一般の方々やフルサイズモトクロッサーが参加できるクラスとなっており、MFJライセンスも不要ですので
サンデーライダーの方々も気軽に参加できるクラスになっております。
今回は4台が参加したオープンクラス。レースは両ヒート共#10土岐敏之選手が独走で両ヒートを制し総合優勝を飾りましました。



写真アルバムはコチラ


次回第2戦は5月1日

このレースは全日本選手権も開催されるコースで、気軽にモトクロスレースを楽しんでいただきたいというイベントとなっております。
初心者も大歓迎のレースですので、是非ご参加いただければと思います。
次回は5月1日(日)に開催。3ヒート制のレースを予定しておりますので、お腹いっぱいモトクロスレースを楽しみたい!
という方は是非、次回ご参加いただければと思います。5月1日は全日本選手権が近いのもありますので、全日本ライダーも参加するかも?
見学だけでも大歓迎!お待ちしております!!



レース詳細はコチラ